ご慈愛頂戴いたします 『山下たろーくん -うみとそらの物語- 2』(こせきこうじ)

 

山下たろーもここまで成長したかなぁと。イメージできないからこそのよさがありますなぁ。

先生になったことの他に山下たろーが結婚していて子どもまで出来ているということにも驚く。下世話な話だけど、子どもがいるってことは…なのですが、そこに冒頭に書いた「ご慈愛頂戴いたします」なのです。想像できないけど、それを描いていることに良さがありますな。

運動会をやらない、順位をつけないことに対するクエスチョンをあげている。2004年ってことは14年ぐらい前の作品だけど、その頃からそんな話ってあったんだなぁとふむふむ。

そして、やってきたのは辰巳コンツェルンと辰巳。やっぱり、山下たろーの物語にはこの人がいないとですなぁ。



【手に入れたきっかけ】

『県立海空高校野球部員山下たろーくん』の続編がKindle Unlimitedで読めるってことで読んでます。

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。