鈴木みのるとライガーのラストマッチはすべてを釘付けにした。『週刊プロレス 2019年 10/30号 No.2035』

いつも通りの鈴木みのるに対してライガーは上半身裸のバトルライガーモードで現れる。鈴木はいつもどおりの厳しい攻めでライガーを引き出していくとともにリングで戦い続ける自分を見せつけるような雰囲気もあった。

最後には「サヨナラ」と小さく言った上でゴッチ式パイルドライバーでのピンフォール勝ちとなった。最後には座礼でリングを降りる。ここまで映像越しでも絵になりすぎる試合は少ない。鈴木みのるの凄さを感じさせる試合だった。

【他に気になった記事たち】

涙を流したSANADA選手が
アーチャーがUS王座
諏訪魔の15周年は雷陣と近藤
ウルティモ・ドラゴンのもとに集まった闘龍門世代
ASUKAとカイリがWWE女子タッグ
レスラーの止まるテクニック
それぞれのオススメの一冊
ネグロ・カサスが坊主に
木村花選手の赤いベルト
ジュリアがスターダムへ
星輝ありさと花月の一騎討ち

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。