遠藤有栖が今までで一番緊張した表情を見せた。現役で戦えるのではないかという実力を感じさせた才木玲佳の引退 東京女子プロレス「YES! WONDERLAND 2022~夢の翼を広げ~」才木玲佳 VS 遠藤有栖 才木玲佳引退セレモニー

才木玲佳は筋肉タレントとしてテレビに出ているのは見たこともあったし、WRESTLE-1や東京女子プロレスで活躍している時もプロレス雑誌では見たことはあったのだけど、生で試合を見ることができていなかった。

怪我をしてプロレスから2年半離れていて他のことに挑戦するために筋肉もプロレスも引退するということで引退セレモニーだけではなく、遠藤有栖とのエキシビジョンマッチも組まれた。遠藤は才木が所属していたアイドルユニット・ Cheer♡1の後輩でもあり、試合するのが夢だったということでギリギリに叶うことになる。

ずっと試合を見てきた選手ではないけれど引退セレモニーを生で見ることができるのは嬉しい。どんな選手であっても区切りとなる引退は濃密な時間になり、そこにプロレスの魅力がある。

こんなに実力のある選手なのかと驚かされた才木玲佳

生で試合を見たことがないこともあって見たことなかったのだけど、才木玲佳の入場から驚かされた。Cheer♡1の「Ready Go!!!!!」に乗って入っているところで、いい曲だなぁと思いながらリングに上がったと思ったら走ってニュートラルコーナーに駆け上がる身軽さとポーズを決めた時の華はトップレスラーのそれだった。3分の試合の中でリープフロッグ、ショルダータックル、ドロップキックから遠藤有栖の必殺技に引き継いだキャメルクラッチとプロレスから離れていたとは思えない一つ一つの技の完成度の高さに驚かされた。東京女子のシングルが頂点であるプリンセス・オブ・プリンセス王座を獲得したということも分かる強さで、バリバリの時に見てみたかったとも思う時間だった。

リングの魔力を感じるもまっすぐ引退…?

スピーチでこの人の頭の良さとまっすぐさを感じさせられた。リングから離れていたこともあってはじめましての人もいることもわかったうえでわかり易い言葉で話し、自分の気持ちを真っ直ぐ伝えているのが印象的だった。

引退することにしたけど、リングの上で戦うと「復帰したくなり」と話すのは戦ったことのある人しかわからないリングの魔力というものがあるのだろうと感じさせるし、多くの人がプロレスが忘れられなくて復帰してくるのもここにあるのだろう。でも、やめるということで意思は硬そうだけど、10%ぐらいの可能性はあるのではと思わせる雰囲気があった。コロナになって自粛されている紙テープも引退セレモニーということで選手たちが投げ入れて青いテープに包まれてリングを去る姿は美しかった。

遠藤有栖がちょっと心配になりつつ、前に進んでいってくれそう

「笑顔で人を救う福島の会津っ娘」というキャッチフレーズのとおり、入場アピールでは常に弾ける笑顔で見ている人を惹きつけ、アイドルとしての経験もあるのか大舞台や強い相手でも物怖じしない遠藤有栖がこの日は違った。今まで見たどの遠藤よりも表情の硬さを感じる入場アピールで心の中に積もった想いをどうやってぶつけようと考えて緊張していたのかなぁと感じる佇まいだった。

試合もいつもどおりの技を見せながらも表情はどこか儚く、そんな中でもやりきった上で才木からマイクアピールで褒められて泣きつつも次へと進んでいくのだろう。1つの夢がかなって1つの区切りにならないか心配になりつつも推しでもあるので続けてくれるかなぁと思っていたら5日の大阪大会の中継ではいつも通りの戦いで少し安心した推しの自分がいた。

プロレスラーとして休養していたとしても一つの区切りをリングの上でするということは本人にとっても見ている人にとっても価値があると感じた才木玲佳のエキシビジョンマッチと引退セレモニーだった。

YES! WONDERLAND 2022~夢の翼を広げ~ | DDTプロレスリング公式サイト

https://www.ddtpro.com/results/18016

【気に入った写真たち】

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。