結婚しました。なんでだろうね。

 

28才、7月に29才になりますが、この間、結婚しました。

結婚したってことは相手がいることなので、1人ではできるわけなく、お付き合いしていたパートナーの方と結婚をしたのですが、「なんで結婚したの?」と聞かれることもあり、考えてみる機会があったのでちょっと思いついたことを書いてみます。

中学生の頃にも当時付き合っていた彼女に「付き合うってなに?」と聞かれて「うーん」と悩んだこともあって結婚が現実味を帯びてきた頃から結婚に関する本をいろいろ読んでいました。

こんな気持ちが大切でしょう。他人ですから。『妻は他人 だから夫婦は面白い』(さわぐち けいすけ)

まだまだ結婚に関して昔ながらの考え方を持つ人も多いこの世の中『結婚さえできればいいと思っていたけど』(水谷さるころ)

お金の話をギチギチするんじゃなくて結婚に関する心構えも共感できるところがたくさん。特に女性向けかな? 『結婚までに、やっておくべきお金のこと』(中村 芳子)

結婚を1人の女性とすることは? 『結婚』(末井昭)

依頼と指摘をしないのは家でも大切 『ビジネスパーソンのための 結婚を後悔しない50のリスト』(大塚 寿)

こんなにいっぺんに言われても厳しいなぁ。紙の本を手元に置いてほうがいい『結婚一年生 2018年版』(入江久絵)

男女は違う。いろんな人がいる。でも、違う。『この人と結婚していいの?』(石井希尚)

そこそこ読んでみたんだけど、結婚ってなにってはっきりと言えることは正直、なかったっす。

ま、一応、コンサルらしく3つあげてみるとこんな感じ。

1)今のところ、一緒にいるという約束
2)勤め人としてのメリットたくさん
3)タイミング

1つずつ深掘ってみます。

今のところ、一緒にいるという約束

結婚式はまだなのではっきりと「愛を誓った」わけではないですが、この人とずっと一緒にいたいと思うことがまずはじめに来るでしょう。

『妻は他人』に共感するし、奥さんからすると『夫は他人』なんだろうと思いますが、今のところはお互い、一緒にずっといれればいいねぇと。2人の子どももほしいねぇと思って決めたものなんでしょう。

ずっと一緒にいたいってのは感情的なものもあるけど、仕事のこと、家のこと、子どものことも話したうえでいいなぁと思えたってのもあります。ここのすり合わせはほんとーに大切だと思ってます(このすり合わせの中で「クソリベラルやろう」と言われた話はまた、今度)。

勤め人としてのメリットたくさん

「一緒に居たい」という気持ちだけで、子どもも欲しくないなら事実婚でもいいのかなぁと思ったりもしますが、会社勤め、特に大きな会社に勤めていると結婚することによるメリットがたくさんあるんです。

コンサルである自分でも結婚祝い金がもらえますし、もっと歴史の長い会社に勤めている妻の場合は結婚することで使えるいろんなお得な制度があるんです。

今、1番になっているのが家族寮。妻の会社の家族寮に入っているのですがべらぼうに安いんです。びっくりします。いいお家です。

タイミング

去年はタイと名古屋の遠距離で一昨年は沖縄と名古屋の遠距離だったのですが、そのままだったら結婚は少し遅れていたのかなぁとも思ったりします。流石に結婚するからには一緒に住まないとってことで、一緒に東京に帰っていたタイミングで結婚しました。

昔の歌じゃないですが、タイミングって大切です。

最後に

読み返してみると「ほんとに好きなのか?」と言われるかもしれないけど、それは前提ですよ。一緒にいたいって思う時点で好きですよ。

でも、読んだ本の中に出てきた「結婚は1つの制度でしかない」ってのもしっくりくるんです。

それは「結婚しないの?」とあたかも結婚することが正義のように言うような諸先輩方がいるので、結婚が全てではないし、そうじゃない自由もある中で自分はこんな理由で結婚したのかなぁとまとめとくのもありじゃないかななんて思って書いてみました。

お祝いのメッセージではないですが、末永く幸せになれるように日々、力まずいこうとおもいます。

これからちょこちょこ結婚生活に関することも書いていきますー。

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。