序盤のコミカルから瑞希の熱い戦いにつなげて奪取!東京女子プロレス「WRESTLE PRINCESS Ⅱ」 2021年10月9日 沙希様・メイ・サン=ミッシェル VS 坂崎ユカ・瑞希

まず、沙希様とメイサンのNEO美威獅鬼軍の入場に驚かされた。スモークの中からバラに包まれた椅子が出てきて、ターンした椅子の真ん中に沙希様が座っているという驚きのシーンでこの大会で一番世界観があったと感じるような入場だった。

お盆をめぐる攻防はメイサンの試合の見所

メイサンが沙希様のメイドといった形で試合をすることもあってベルトを乗せるためなどにお盆を持ってくるのだけど、レフリーの視界の外からいろんな攻撃を繰り出してくる。叩くだけだと思いきや、地面において滑らせたりというようないろんな使い方を見せてくれて、その使い方をめぐる攻防はコミカルながらもプロレスの面白さを感じさせるようなうまさがある。

沙希様と坂崎ユカの実力者同士はどこかで続きを期待してしまう

アジャコングとのマッチアップの時にも思ったけど強さの象徴の山下実優に対して怖さと世界観を身にまとう坂崎ユカの試合を見ていると様々な選手との戦いを見たくなってくる。ビックマッチのシングルマッチでのぶっ飛んだ説得力の高さは山下実優を超えているかもしれないと感じさせるからこそ、様々な女子レスラーとのシングルマッチを見たくなる。

坂崎自身はさいたまスーパーアリーナで山下実優に負けたあとはシングル戦線から一歩引いている。坂崎はAEW、沙希様はDDTと他のリングでも戦ってる実力者であり、シングルマッチも見てみたい組み合わせだけどタッグでぶつかっていく。2人になったときに空気がじっと光るような雰囲気になるのは2人が持っている経験とそれに対する期待感を見ている人が感じているからなのだろう。

瑞希がメイサン with 沙希様に削られる中でハッピーエンドに

2人の実力者のタッグパートナーがぶつかり合う。瑞希もメイサンもスピーディーに技を繰り出すのが特徴の選手ということで噛み合った。メイサンはネタっぽいのだけど、前半のメイドっぽい動きができてしまう器用さ、魔女の箒を持ってのニーアタックから後半の丸め込み連発とこの大会にも出場し、AEWで活躍している里歩と同じさくらえみと師匠に持つ(はず)のことはある動きだった。メイサンには沙希様がけっこうヘルプに入って連携が決まっていたのだけど、瑞希はなんとか1人で打開しつつもどうしてもの時に坂崎が張ってくるといった対象的な終盤戦の中で瑞希が底力を見せて勝ちきった試合だった。

WRESTLE PRINCESS Ⅱ | DDTプロレスリング公式サイト

https://www.ddtpro.com/results/16727

 

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。