プロレスは自分のスタイルがあると強いと語る小川良成の説得力『週刊プロレス 2022年 05/11号 No.2179』

NOAHのリングで戦い続けるジュニアのレジェンドである小川良成がインタビューで語っていた。寡黙に戦い続ける中で55歳を過ぎても現役を続けている。それも第一線で戦い、テクニックで魅了し続けているのは若い頃から”うまさ”で戦い続けてきたからなんだろうなぁと感じるインタビューだった。自分のスタイルを持っていると強いという当たり前のことなのだけど、それを実現するのは難しく、体現しているレスラーとしての重みがある。

【他の気になった記事】

鷹木式 Reborn KOPW 30カウント
YOHとヒロムのシングル
モクスリーとオスプレイ
青柳兄弟対LIJ
舞ひめの挑戦
ジェイク・リーが首位通貨
ドラゴンゲートのDDT参戦
坂井永年のイラスト作品集
3日連続横浜武道館
大日本プロレスの反撃
プロミネンス旗揚げ戦からすずと世羅のシングルへ
乃蒼ヒカリのパートナーは辞める?
渡辺桃のコスチューム
ジェイソン・リーのナチュラルヴァイブス入り
NOAHが一気に外国人を招聘

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。