藤本つかさ選手とSareee選手のバチバチは生で見たいと思わせるカードだった『週刊プロレス 2019年 10/09号 No.2032』

女子プロレスの若手のホープと大御所かつ違う団体のカードということもあって当時、注目されていたシングルマッチの一戦目は藤本つかさ選手が勝ち「受けの美学がない」とSareee選手に投げかけたと思えばSareee選手も返す刀で「言葉のすり替えはやめてほしい」と返すなどの舌戦が起こっていた。

プロレス歴が長く、団体の中心選手として行ってきた藤本つかさ選手にたいして団体内の後輩が噛み付くことはあっても団体外のエース級の選手が噛み付くのが注目を集めたのだろう。

結局、二人の試合は見ることができなかったのが残念でたまらない

【他に気になった記事たち】

内藤選手の野望がジェイ・ホワイト選手にインターコンチネンタル王座を取られたことで潰えた!?
後藤洋央紀選手は鷹木信悟選手に勝つ
ヤングライオン杯はフレドリックス選手の優勝
丸藤正道VSグレート・ムタ
GHCヘビー級王座の新調
ジェイク・リー選手の王道トーナメント初優勝
イケメンワールドとケントワールド
鬼神ライガー
KAIとジェイク・リーの関係
ヒロ斎藤選手の40周年
FREEDOMSの10周年
木村花選手の優勝

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。