ライガーと鈴木みのるのラストマッチへスタート『週刊プロレス 2019年 09/25号 No.2030』

解説席のライガーに絡んでゴッチ式パイルドライバーを放つことで宣戦布告をした鈴木みのるの「戦う場所はリング上」という言葉は2人の長い関係性ならではなんだろう。

はるか昔にパンクラスのリングで死に場所を探していた鈴木みのるの相手をかって出た獣神サンダー・ライガーはもう一度やって勝つと話していた。そんなライガーは鈴木みのるとパンクラスのリングで戦うことはなく、鈴木みのるがプロレスのリングに戻ってくることになった。そんな2人の関係性だからこそ、引退前にもう一度となるのだけど、その試合への道程が始まった。

【他に気になった記事たち】

2度目の野村直矢と宮原健斗の三冠戦
国際色あるヤングライオン杯
N-1の決勝戦は拳王VS杉浦貴
丸藤正道が全敗
原田と小峠の王座戦
遠藤の不安定なDDT発言
アイスリボンの9.14横浜文体
マシーン軍団の沖縄

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。