高校時代ってそれぞれにとっての「宝石箱のような時間」なんだろう 『退出ゲーム』(初野 晴)【Kindle・本】

  「宝石箱のような時間」 高校時代ってこんな風に表すことが出来る時間なのかもしれない。今、開くと眩しくて目を背けたくなる瞬間もあるけど確かに輝いていた。荒削りに輝いていた。 「吹奏楽部×ミステリーのアニメが2...

ベイカーストリートイレギュラーズ。ミステリーを嗜んだことがある人にとってはなんとも言えないワクワク感をもたらす名前。『ベイカー街少年探偵団ジャーナル I キューピッドの涙盗難事件』(真瀬 もと)【Kindle・ミステリー】

  ベイカーストリートイレギュラーズ。ミステリーを嗜んだことがある人にとってはなんとも言えないワクワク感をもたらす名前。 世界で一番有名な探偵、シャーロックホームズの下で大人では忍び込めない、怪しまれてしまう場...

はーどぼいるどなアルバイト探偵くんと本物ハードボイルドなオヤジの事件簿。『アルバイト・アイ 命で払え』(大沢 在昌)【Kindle・ミステリー】

  名前にセンスがないようでセンスがある。アルバイトのプライベートアイ(探偵)だから、アルバイトアイ。いーじゃないか。 渋めの小説といえばそうなのだが、主人公は本人曰く「適度な不良高校生」である冴木隆くん、高校...

かっこいい。大人の男のハードボイルド。 『ザ・ジョーカー』(大沢 在昌)【本・ミステリー】

  かっこいい。大人の男のハードボイルド。 ある世界のプロ、ジョーカー。裏の世界では有名な名前。金を払えば”しっかり”と仕事をする男。誰でも憧れたことがある裏のかっこいい世界で、着実に仕事をする男。 いかにも怪...

樽にこだわる推理。手堅いミステリーの王道 『樽』(F・W・クロフツ)【本・ミステリー】

  樽といえばドンキーコング。1989年生まれの私は連想する。樽の中には仲間が入っていたり、樽の中に入って飛んでいったりしながらステージをクリアするゲームに小学生の頃にハマっていた。 シリーズは好評で2作から3...

北欧ミステリ兼北欧ルポタージュ 『ノーベルの遺志』(リザ・マークルンド)【本・ミステリー】

  ※上下巻通しての感想をまとめました。 ノーベルが書いた戯曲があることはご存知だろうか。 主人公はベアトリーチェ・チェンチ、題名は「ネメシス」。内容について、この本の一節を借りれば、「人間の罪と復讐、教会の権...

最後にぞわぞわ、ぞわぞわとさせる本格派叙述ミステリー。『模倣の殺意』(西町信)【Kindle・本・ミステリー】

  最後にぞわぞわ、ぞわぞわとさせる本格派叙述ミステリー。肌がざらざらになるぐらいに鳥肌が立ちました。 漫画家が描く漫画家マンガに外れなしというように、推理小説家が描く、推理小説家が主人公の物語にあまり外れはな...