気分転換にやってみてもじっくり仕事で使ってみてもいいやり方がつまってる『アイデア大全』(読書猿)

0から1を生み出す時の方法と1から100を生み出す方法の両方が取り上げられているアイデアを出す42のツールを参考文献も含めて紹介してくれる。

0からの方法だと15分書き続けたり、思ったことをひたすらノートに書くことなど書いて出していく方法が気になった。1から100だと彼ならどうする、オズボーンのチェックリストとゴールドラットの対立解消図が気になる。

対立解消図は『ザ・ゴール2』で紹介されてるらしいんだけどまだ読めてないこともあって読んで理解してみようと思いましたわ。とりあえず何かを考える時に一からなんとなくやるんじゃなくて紹介されているようなフレームを使おうと思います。 

【手に入れたきっかけ】

タイトルで気になって。

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。