ガンと戦うためにリングに立つプロレスラーらしさ『週刊プロレス 2019年 12/18号 No.2043』

闘いのエールということでガンと闘病中のフジタ”Jr”ハヤトに向けた大会のレポートがあったのだけど、その中で1試合限定復帰をすることになった。

ガンの治療中に試合をするということ自体がとんでもないことなのだろうけど、「試合がしたい」という本人の気持ちを大切にするということで医者も1試合だけならと許可を出したというのが驚き。でも、プロレスラーの強さはリング上の闘いを心も含めて見せるものだということを改めて感じさせるなぁと。

【他に気になった記事たち】

杉浦貴が谷口を倒す
イッテンヨンにこだわるオカダ・カズチカ
田中将斗がDDTへ
棚橋弘至の印象的なタッグはやっぱり中邑真輔
酒とレスラー特集は丸藤、大谷、岩本、夏すみれ、佐々木大輔
葉月の引退ロードは星輝ありさとのタッグマッチ

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。