鈴木みのる選手はやっぱりワールドワイド『週刊プロレス 2019年 09/18号 No.2029』

両国での挑戦表明からイギリスのカッパーフィールドで「風になれ!」の大合唱を背にオカダ・カズチカ選手との33分25秒のタイトルマッチは現地で見てみたかった。

切り裂くエルボーは最強のエルボーとオカダ・カズチカ選手が認めるほどというのも確かにで三沢光晴選手の遠心力を使っているように見えるエルボーとは違った切り裂くエルボーのかっこよさがある。

【他に気になった記事たち】

マスターズで馳浩と永田裕志
圧巻の土井吉
武藤敬司の価値は三銃士四天王
スターダムの人間関係トラブル
稲葉大樹とT-Hawk

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。