季節は夏。7月7日。七夕である。盛大にやる。「涼宮ハルヒの憂鬱」第8話 笹の葉ラプソディ

笹泥棒がやってきた。どの星のことか。ベガとアルタイル。25年後と16年後の願いを。

16年は長い。今日は帰る。まずい話なのか。3年前に一緒に行ってほしい。行けばわかる。ここから。ごめんね。時間跳躍の方法を知られたくなかった。夜の9時頃。変わり者たちのメッカなのか。私は私に会っていない。校門前にいる人に協力してあげて。東中に。涼宮ハルヒの中学1年生。私の言う通りに線引いて。いつか谷口が言った謎のメッセージ。宇宙人っていると思う?まだ知り合っていない。異世界人。北高よね。

TPDDがない。タイムマシンみたいなやつ。禁則にあたる。涼宮ハルヒの知り合い。記憶を共有した。待機モード。完全な形での時間跳躍。ここで寝ろ。寝るだけ。帰ってこれた。エマージェンシーモード。私はここにいる。末端、研修生みたいなもの。過去と未来の連続性と非連続性。

エンディング変わった!

「涼宮ハルヒの憂鬱」京アニサイト【トップページ】

http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。