鈴木秀樹のプロレスをまた見ることができる嬉しさ『週刊プロレス 2022年 03/30号 No.2171』

いろいろあったWWEにちょっと触れながら解雇になったことで日本に帰ってきた鈴木秀樹がNOAHのリングでタッグチャンピオンになった。ダブルアームスープレックスとと重みのあるグラウンドと打撃技で日本のプロレスラーの中でも唯一無二の存在だった。

そんな鈴木秀樹が帰ってきた。はっきり言うことができない中での「いろいろあった」が気になりつつも、日本で戦っていた頃のモチベーションの低下にも触れたうえで「試合はいいな」と話す鈴木秀樹の試合をまた見たくなった。

【気になった記事たち】

M’sアライアンスの活動休止
EitaのGHC Jrシングルのダッシュ
野獣が緑に染まる
219発のチョップ合戦を鈴木みのると高橋ヒロムが見せる
バレットクラブからGoDが追放
鷹木信悟が一番にこだわる
”いま”の高橋裕二郎
DDT3.20両国ガイド
現在・過去・未来のDDT
グルか?
天咲光由のデビュー
風間ルミ追悼イベント LLPWの頃の「プロレスと結婚します!」
藤本つかさ結婚! 「なにもないですよ」だった
ラストマンスタンディングで芦野祥太郎が戦う
東女3.19両国ガイド

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。