ライガーは引退直前まで駆け抜ける『週刊プロレス 2019年 11/20号 No.2038』

鈴木みのる選手との試合を経て東京ドームの引退試合まで進んでいくのだけど、その中でも新しい選手との交わりや昔、関わったことのある選手とのラストマッチを続けていく。

LEONA選手とは初めて試合する中で「辞めちまえ!」と厳しい言葉を浴びせ、TAKAみちのく選手は憧れであったライガー選手との再戦を自分が新しく作った団体で迎える。

様々な関わりでプロレス界を盛り上げたライガー選手は最後まで駆け抜けたなぁと思い出される。

【他に気になった記事たち】

タイムボム復活の時として高橋ヒロム選手が受け身を繰り出していく
民意でダブルタイトルマッチかIWGPヘビーのみかを決める
ジェリコVSエース
HARASHIMAが二冠王に
ドームは棚橋、文体は小林
闘メシ屋ということでレスラーの店の紹介
岩谷麻優がビー・ブレストリーに勝利
ありさがジェイミー・ヘイターを倒す
つくしがタッグ王座
敗者髪切りマッチの中島と高橋
Ben-Kが吉野越え
石田と横須賀のブレイブ

【手に入れたきっかけ】

高校生の頃に買っていたプロレス週刊誌がKindle Unlimitedにあったので!

【オススメ度】

★★★☆☆

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。