今は謝罪の時代に。心配していることは謝罪が多すぎて効果がなくなる「世界の”今”をダイジェスト」3-8:謝罪

ジャネットジャクソンの胸の露出が起こったスーパーボールの謝罪。うわべだけでなく心の底からの謝罪を求める。

Apologies,explained

神よ、我を赦したまえ。英語圏ではこれのみ。1590年代になり「謝るに及ばない」とシェークスピアが記した。謝罪の種類が出てくる。自己認識のためも。スターが顧客の危機管理マネージャー。

インタビューではなく、ビデオやメモ帳でできるように。自己保身を混ぜ込んではいけない。いろんなチェックポイント。修復的司法による代替的刑務所。被害を与えた人物と受けた人物の輪を作る。行動の理由を知ることに。自発的な謝罪。南アフリカでも行われた。TRCを決定づける音だった。

殺害は命じられたもの。彼を許せるか。許せない。かくしごとがあるまま。全てのタイプに有効ではない。社会では正しい人は変わっていく。謝罪の理由が変わっていった。人は謝罪で学んでいく。簡単なことではない。運命を変えられる行動。

世界の”今”をダイジェスト – Netflix

https://www.netflix.com/title/80216752

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。