朱里と小波の抱き合ってノーサイドの清々しい戦いはスポーツに見えた「ファイト」「ファイト」だった「レック Presents スターダム10周年記念~ALLSTAR DREAM CINDERELLA~」

煽りVがこれもよかった。誰も信用できなくなった時に支えてくれた朱里選手への手紙を読んだ小波選手に対して涙ぐむ朱里選手の真っ直ぐさを感じさせる。

入場から遠くを見つめる小波選手は武道館の観客を見ているのか、朱里選手との思い出を思い出しているのか。受け止める朱里選手の真っ直ぐな雰囲気もたまらない。

試合は表情豊かな打撃から始まる。総合格闘技の経験もある朱里選手らしいキレのあるエルボーに対して、小波選手もやり返して行く。

ここからは観客が見入るような極めあい。次々に極めていく時間は見ている人を戦いに引き込む。写真も取れなかったスピーディかつ緊迫感のある攻防だった。技としては地味に写るかもしれないけど二人の間で技を通して会話をしてるような戦いは見ている人を引き込んでくれた。最後は白虎で極めた朱里選手の勝利に終わる。

抱き合ってノーサイドの清々しい戦いはスポーツのようにも見えた「ファイト」だった。試合後の満足感を感じさせる姿もいい。

2021年3月3日 『レック Presents スターダム10周年記念~ひな祭り ALLSTAR DREAM CINDERELLA~』 スターダム✪STARDOM

https://wwr-stardom.com/news/20210303budokan/

 

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。