束の間の平和と退屈。野球大会に出る。「涼宮ハルヒの憂鬱」第7話 涼宮ハルヒの退屈

お茶をもらえる。おいしいですよ。今は6月。世界がこむら返りをしたような事件があった。
市内アマチュア野球大会。あと4人。存在を世間に知らしめるチャンス。他の4人はどうかき集めるのか。それでいいわ。みくるちゃんのお友達。

ハルヒは退屈だった。邪魔だからお願い。わかりやすい青春。私と仲良くなんかしたら…雨を降らせてくれないか。生態系に後遺症を生む可能性がある。素直そうないい子ね。勝つつもりらしい。打順と守備位置。大学生チーム。斬三振に。ストライクゾーンに直球だけ。閉鎖空間が発生し始めた。

偶然ではない4番。勝つ方法をとる。呪文を唱えているよう。これ以上やるとヤバい。90分の時間制限。安くなった世界。タッチっぽい。非常識な集団。暇にさせてはダメ。どっちがいい?サッカーとアメフト。

「涼宮ハルヒの憂鬱」京アニサイト【トップページ】

http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。