ハリケーンのマリアが直撃し地獄に。二度と体験したくない「世界の”今”をダイジェスト」3-7:ハリケーン

水も電気もない。家が破壊され精神的な傷が増える。地球温暖化により、威力は増している。

核兵器の平和利用として軌道を変えることができるか。難しいと思われる。ソ連のツァーリ・ボンバと同じパワーを数時間に一回持つ。毎年1億人以上が影響を受ける。カテゴリー5になったマリア。プエルトリコのロイサは沼と川で影響が受けやすい。高潮も。家を飲み込んだ。近隣地域を汚染する。救えるはずの命が失われ、政治的な災害にも。

先住民は分かっていた。いろんな予兆がある。人工衛星のハリケーン捕捉。誤差も減ってきた。でも、被害は出る。強度予測は難しい。気候変動で急発達が一般的に。そして、気候変動は現実に。過去形に。気候変動で愛着のある土地から離れないといけないのか。

多数の家屋が倒壊した中で残った住宅もある。経済的に豊かな都市は多額の投資で対応する。ハリケーンがうわてなことも。マグローブ、湿地、砂丘による対策。自己修復する。最も不平等になるのは復興である。

隣人を助け合う。住民たちで政府支援の足りない所を補った。相互扶助によるサポート。楽しんで遊び心が必要。一緒にいることを楽しむ。地域の絆によるサポート。

世界の”今”をダイジェスト – Netflix

https://www.netflix.com/title/80216752

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。