最近、ホットヨガですっきりしてる。男性が大多数の女性の中に入る経験としてもいい。

 

はじめて2か月ぐらいなんだけど、とってもいい感じです。

9月の半ばぐらいからホットヨガに通い始めて週に2回、月に10回弱ぐらい行くようになりました。

ホットヨガ自体のよさだけでなく、女性の大多数の中に男性が入ってみるマイノリティを体験する場としてもいいかもと思ったのでご紹介します。

会社の人に薦められて…

そもそもなんで始めたかというと、会社の人との話の中で出てきたから。タイではバドミントンにゴルフと一応、運動っぽいことをやっていたんだけど、千葉・柏に引っ越してからはあまりできておらず、ガッチリ汗をかきたいという話を会社の先輩と話していたらホットヨガはどうかと進められた。

ヨガ自体をやったことがなかったのでうーんと思いながらも男性・女性の両方の先輩に進められ、汗をかくことでスッキリできると言われたので行ってみたんです。家の最寄り駅に大手のホットヨガスタジオのLAVAがあったこともその理由なのですけどね。



1,000円の体験レッスンに奥さんと一緒に行って奥さんは入会しないけど、私だけ入会するというお店の人からすると不思議な感じでホットヨガライフが始まりました。

汗をたっぷりかけるし、姿勢が良くなりそうだし…

体験レッスンですぐに入ったのはまあ、すぐに入ったほうがオトクなキャンペーンをやっていたこともあるんだけど、とっても汗をかけるし、体が硬いので柔らかくなるかもだし、姿勢もよくなるのではとも思ったし、筋肉もつくかもと思ったからなんです。

汗をかいてその分の水を飲んでいるのでそんなに体重は減らない(その後のちょっとした食事もよろしくないのかも)ですが、土日の朝一とか平日の仕事のあとに行ってすっきりしてます。平日の19:20からと21:00からがあるので平日でも行けます。

汗をかいてスッキリってのもあるんだけど、「体と向き合う1時間」にハマっています。ポーズはしんどいし、そこそこ強度の高いプログラムだと必死でやらないとついていけなかったりするので自分の筋トレもありつつ、自分の体がこうなってるんだなぁと実感できるのもいい感じです。

天井に向けた手に汗のしずくが光ってるのはきついけど、がんばれたりもするし、60分のレッスンが終わって外に出たときの爽快感はサウナ以上なんです。

ここまではホットヨガのいいところで、LAVAの宣伝のようになってしまってますね。私の近所がLAVAなだけで、他のホットヨガスタジオでもいいと思います。家の最寄り駅にあるってことはけっこう大切かと。男性向けのホットヨガのいいところとして、大多数の女性の中に入る経験というのもあります。

女性ばっかりの中に男性が入る経験の大切さ

ヨガを始めたと同世代の男性と話したときには「専業主婦じゃないんだから」と言われて、ちょっとびっくりしたのですが、ヨガレッスンに参加している大多数が女性であることは事実なんですよね。

通っているLAVAは女性専用のスタジオもあるんですが、家の最寄りのLAVAは男女共用で男性も通えます。

思っていたよりも男性は多いんだけどそれでも全体の2~3割ぐらいでほかはほとんど女性。シャワーの数も男性の方が圧倒的に少ないですし、トレーナーは全員が女性。

なんか少数派だなぁと思いながらも「女性活躍」が謳われる多くの企業で職場で女性が感じる感覚にちょっと近いのかもというより、もっと大変だなぁと思ったんですよね。私の会社もまだまだ女性の割合は少なかったりするので。

ヨガレッスンなので個々がバラバラで受講すればいいですし、なにか他の人に話しかけることはないのですが、会社だったら少数派であるうえに自分の言いたいことを大多数の人と同じように言わないといけない。それってけっこう大変なことでしょう。

そんな状況を味わう機会としても男性のホットヨガはおすすめだったりします。もちろん、リフレッシュの趣味としてもいい感じですが。

The following two tabs change content below.

小檜山 歩

コンサルタントアビームコンサルティング株式会社
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。
小檜山 歩
渋谷のITベンチャー→日系人事コンサル。会社ではコンサルしながらCSRの活動もしてます。いろいろ無秩序につぶやきます。2017年5月から1年間タイでトレーニーとして働いてました。今は帰ってきて日本で働いてます。